採用情報

先輩スタッフの声

応募しようと思った理由を聞かせてください。

就職活動の際、たくさんの園を見学したのですが、先生方の笑顔が印象的で、園児だけでなく見学にきた私にも積極的に話しかけてくれる園で「楽しそう」というのが第一印象でした。

また子供をしかる場面があったのですが、その場でちゃんとしかる場面を見た時はショッキングでしたね。やっぱり優しいだけでは駄目なんだと。

けれど一方的にしかったりせず、ちゃんと園児一人一人の言っていることを聞いた上で、きちんと対応されている姿がとても素敵でした。

日々の業務で心がけている点を教えてください。

まずは安全が第一ですね。それと私は1歳児を担当しているのですが、まだ話が上手く出来ない子もいるので、その子の考えを上手に汲み取ることですね。

考えを汲み取るには子供一人一人の関わる時間をどれだけ多くもつかが大事なので、何をするにも「いや」という園児に対してはたくさん一緒にあそんで信頼を得るようにしています。

方針的にはあそびながら学んでいくように工夫しています。食事や服を着ることや、トイレなども「自分でやってみよう」と思えることで、生活に必要なことを自分でできるように促しています。

あそびながら学んでいくについて

「ほめて伸ばす」ということを大切にしています。特に「一番になること」がうれしいと感じながら学ぶと身につきますので、「おかたずけごっご」をよくします。

「一番最初に片付けるのは誰やろな~~~♪」みたいな感じですね。これがまた不思議なことに一番になる子は毎回ちがうんですよ。

うまくできていない子に対しても、その子をしかるのではなく、よくできた子を「めっちゃほめる」んですよ。そうしたら出来ていない子はこっそりまねていつのまにかできるようになるんですよ。

けれどそうしたことは、ほめられるうれしさを知らないと、ほめられたいという思いよりできないという思いが先にきますのでなかなかうまくいかないんです。

だからゲーム感覚を取り入れながらほめて伸ばしていく感じですかね。

遊育園の魅力と就職希望者の方々へのメッセージ

魅力は、職員同士の連携がよく、働きやすい職場ですね。これは、互いに気遣いができているからだと思います。

保育士の仕事は一人でするものではなく、互いに協力し合って成り立つものなので、本当に気持ちよく働いています。

気遣いといっても実は難しいことではありません。

どうすればみんなが気持ちよく働いて、園児のためになるにはどうすればいいかを一人一人が考え、行動すればいいんです。

あとは、普段から「ありがとう」という言葉を大切にしていますね。 就職希望のみなさんに言えるのは、本当に働きやすい職場だということです。

他のスタッフの声をきく

このページのトップへ戻る