ゆういくえんのせいかつ

各クラスの紹介

ふじ組

5歳児の年長児クラスです。保育園の中での一番大きなお兄さん、お姉さんで、リーダー的な存在です。皆で力を合わせて頑張っています。子どもたちの頑張りには、感動するものがありますよ。

ゆり組

4歳児の年中児クラスです。この年齢児のカリキュラムには、英語あそびや学習あそびなどの活動も、しっかり取り入れています。また、自分たちよりも年下の子どもたちとの交流や活動を増やすことで、子どもの優しい気持ちを育てていきます。

さくら組

3歳児の年少児クラスです。3歳になると子どもたち同士での遊びや学びが活発になります。体育遊びや菜園活動を通して、子どもたちの遊びや学びを大きく成長させていきます。また、この時期から縦割り保育が始まります。お兄さんお姉さんとの交流を通した、少し背伸びをしながらの成長の場があります。

すみれ組

2歳児クラスでは、子どもたち同士での交流や遊びが広がり始めます。子どもたち同士での活動が増えることで、けんかもありますが、一人ひとりの気持ちを受け止めていくようにしています。大人になってからはできない泥んこ遊びなども取り入れています。翌年の縦割り保育への参加に向けての準備を意識した保育を進めています。

たんぽぽ組

1歳頃の子どもたちには、「自分でやりたい!」という自立心が芽生え始めます。その気持ちを大切に、自分でやろうとする思いを尊重し、ゆっくりと見守る保育を進めています。また、自立の大きな一歩となるトイレトレーニングにも力を入れています。毎日の排泄を通して、子どもたちは、保育士とのコミュニケーションを楽しんでいます。

もも組

0歳児の1年間は、子どもたちの成長の原点となることから子どもたちにとって、とても大切な時期だと考えています。月齢ごとで異なる子どもたちの姿に合わせながら、ふれあい遊びや戸外遊びを通して、きめ細かい保育を心がけています。保護者の方々が保育園に預けることへの不安を取り除くためにも、情報を共有し、成長を喜び合うことを大切に考えています。

このページのトップへ戻る